カフェのカジュアルなサービスから
ダイニングレストランの本格的なサービスまで。

──現在の仕事内容は?

バビーズ汐留でサービススタッフとして働いています。バビーズ一筋で、早いもので入社3年目になりました。
汐留店はとにかくどのお店より元気です。マネージャーが元気なこともありますが、みんな明るいんです。
スタッフが互いの意見交換も頻繁にしますので、社員、アルバイト、ホール、キッチン共に仲が良く、チームワークを感じることのできるお店です。

──M・R・S入社の決め手は?

入社前は老舗の洋菓子店が経営する喫茶室で社員として働いていました。更に本格的にカフェでサービスを勉強したいと
就職先を探している時にバビーズを知りました。バビーズ以外にもM・R・Sではシンガポール、アメリカン、イタリアンと多業態の
レストランを経営していますので、色々な業態のお店で働くことが出来、カフェのカジュアルなサービスからダイニングレストランの
本格的なサービスまで学べると思い入社を決めました。

──M・R・Sって、どんな会社?

社員ひとり一人の考え方を尊重してくれる会社です。自分の意見をはっきり言える会社です。
上司が自分の意見などを考える場を設けてくれるんです。今まで社員、アルバイトと色々な会社で働きましたが、
そんな会社はありませんでした。一生懸命取り組めば、自分の考えが会社全体に発信されて行くので、
やりがいや仕事の楽しさを感じることができる会社です。それに上司の方々がしっかり支えてくれるので、
自分の成長を身に染みて感じることができます。

目標は店舗マネージャーになること
小さくても自分のカフェでおもてなしをしたい。

──仕事をしていて嬉しかったことは?

自分が考えたメニューが新メニューとしてメニューブックに加えられたことです。先輩に「こんなメニューあったらいいよね?」と
頂いたヒントをもとにいろいろ考えながらできたのが「アフタヌーングリーン」「イブニングレッド」のジュースクレンズです。
ヘルシーで美味しいジュースクレンズを作ろうと食材を工夫しながら試作を繰り返しできた自信作です。リピーターも増えてきました。

──仕事をする上で、大切にしている事は?

出勤してまずすることは、一日の目標を立てることです。仕事って毎日が同じことの繰り返しだと思うんです。
それまでは目標も持たずに仕事をしていましたので、メリハリがなく、好きで就いた仕事なのにだんだん楽しくなくなってくるんです。
それがいやで悩んだ結果、「そうだ、目標を持てばいいんじゃないかな?」と始めたのが“今日の目標”だったんです。
「今日はこれを頑張ろう」「今日はここまでやろう」と自分の中で目標を決ると、やる気が自然と湧いてくるようになりました。
ちなみに今日の目標は「予算達成」なんです。

──今後の目標は?

マネージャーになることが当面の目標です。マネージャーになると大変だということは分かっていますが、マネージャーになることが
できれば得るものが多いと思うんです。うちのマネージャーやマネージャーになった先輩を見ていると、サービスの仕方、仕事の仕方、
考え方までもが違い、すごいと思います。私もそうなりたいと思うんです。将来、小さくてもいいので自分のカフェを持つことが夢です。
自分のレシピのフードやドリンクをたくさんのお客様に味わって頂きたい。わたしは生まれも育ちも下町なんですが、地元が大好きなので
ぜひ地元にカフェをオープンさせたいと思います。

上司からひとこと

第1事業部 第2グループスーパーバイザー 兼バビーズ汐留マネージャー 太田 昌吾

入社当初の深谷さんはミスがとても目立ちました(笑)しかし彼女は「何事からも学ぼうとする素直さ」「くじけない強い心」がありました。入社3年目、社会人としても大きく成長し、仕事に於いても確実にステップアップしています。特に女性ならではの視点を活かしたドリンクのメニュー開発には、目を見張るものがあります。昨年、バリスタライセンスを取得したことも彼女の努力と勤勉の賜物でしょう。今後の更なる活躍を期待しています。

採用TOP - 社長インタビュー - 採用担当インタビュー - 教育ポリシー&キャリアアップ - 募集要項